犬や猫などの動物の病気でお困りなら新潟市南区白根のしろね動物病院 【しろね動物病院 診療案内】

動物病院 新潟県新潟市 南区 白根 しろね動物病院 >>> ペットホテル・トリミング
 
 
コンテンツ
しろね動物病院のトップ
新着お知らせ
医院案内
サービス案内
しろね動物病院では、新潟市のペットホテルも併設しております
トリミング
診療案内
治療と検査
内視鏡検査
避妊・去勢
予防
院内設備
リンク

 

しろね動物病院 ブログはこちらから

診療案内

  

   トップ > 治療と検査


治療と検査

こんなことはありませんか?

 

最近、食欲がない。
毛艶が悪い。
いつもと様子がちがう。 など、

 

一緒に暮らす動物達はいつも元気ではありません、人間と同じで体調の悪いときだってあります。
病気に掛かっていることだってあります。
そんなときは、早めに病院へ。早め早めの行動で、大事な動物を病気や怪我から守ってあげましょう。
普段からの検査も重要です。

   健康診断のススメ

近年、ワンちゃん・ネコちゃんの生活環境の改善、医療技術の進歩、飼い主の意識の向上などにより、平均寿命も年々伸びているため、高齢性疾患は増加する方向にあります。ワンちゃん・ネコちゃんの死亡原因の主なものは、事故死以外に悪性腫瘍、心臓病、腎不全、肝不全があげられます。これらは先天的なものと、後天的なものがありますが、後天的なものとして栄養素バランス異常、高カロリー食過剰摂取、いわゆる太りすぎなどが引き金となっていることが多く見られます。

ワンちゃん、ネコちゃんは自分で健康を管理し、食餌を取ることはできません。愛する動物達をこれらの病気から守るには毎日注意深く観察・チェックをすることが重要となります。しかし、内部から徐々に進行する病気は、単純に外見では判断できないものも多くあります。

したがって、病気の早期発見・治療をするためには糞尿・血液・血清・心電図・レントゲン・超音波検査が非常に有効です。

尿検査

尿を調べることは、健康診断の基本です。当院では、蛋白(たんぱく)、ブドウ糖、潜血(せんけつ)、pH、比重、尿沈渣、など12項目以上にわたって検査します。

糞便検査

糞便検査も尿検査同様健康状態を知る上で重要なものです。特に動物は人と比べても多くの寄生虫が見られるので、公衆衛生上も大変重要です。この検査では、虫卵、原虫、各種細菌、潜血反応、消化試験、膵臓外分泌機能(すいぞうがいぶんぴきのう)、などを検査します。

血液検査

少量の血液を採り、その成分を検査することによって、健康状態のおおよそを推察することが出来ます。また、現在の臓器の状態、病気の進行具合、今後の治療方法の選択などにも大きな方向性が示せます。当院では、赤血球数、白血球数、ヘモグロビン濃度、総蛋白、血糖値、尿素窒素など20項目から30項目以上にわたって検査します。

心電図検査

心電図とは、心臓の動きを電気的に捉え、その記録をとったものです。心電図検査とは人に対する心電図検査と同じく、聴診器にみられる音だけの検査に比べて正確な検査が行える様になります。

レントゲン検査

レントゲン検査は、骨の異常を調べるのみならず、胸部や腹部の内臓およびその周辺の病巣を映し出すことにより、外観からは分からない病気の多くを調べることが出来ます。また、人同様、心血管造影(しんけつかんぞうえい)、尿路造影(にょうろぞうえい)、バリウムによる消化管造影(しょうかかんぞうえい)も可能ですから、より細かな検査を行えます。

超音波検査

レントゲン検査では判断しにくい各臓器の内部構造の把握(腫瘍、心疾患、肝疾患、腸疾患など)、レントゲンでは危険な妊婦胎児診断などに超音波断層検査(エコー)を行います。

超音波検査

消化器系の診断と治療のため内視鏡を用いることがあります。内視鏡では直接患部を観察したり、厳密な検査のために生検材料を採取したりすることが可能なため、その診断率は大幅に高まります。 

   >>詳しくはコチラ

トップへ戻る

しろね動物病院のTOP | 新着のお知らせ | 診察のご案内 | サービス案内 | 新潟市南区白根のペットホテル |
トリミング | 診療案内 | 治療と検査 | 内視鏡検査 | 避妊・去勢 | 予防 | 院内設備 | リンク | ブログ


Copyright (C) 2007 しろね動物病院 Corporation. All Rights Reserved.